ラジオNIKKEI賞(日経賞)2020年度の予想!人気は武豊騎乗のパラスアテナか?1勝馬ばかりで難易度高い

今年2020年度のラジオNIKKEI賞は難しい。人気は武豊騎乗のパラスアテナかもしれませんが1勝利馬ばかりです。こうなると、相馬眼や血統、騎手の腕にかかってきますね。

2020年のラジオNIKKEI賞の予想を前走の映像と、過去データから分析してみます。

ラジオNIKKEI賞2020予想

 

ラジオNIKKEI賞の過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率50%
  • 1番人気が3着以内の確率60%
  • 2番人気の連対率50%
  • 前走、重賞出走馬(結果問わず)の連対率30%
矢野テック
矢野テック

意外にも1、2番人気の連対率が高いです。無下に外すのは危険。また、重賞出走馬は前走、例え惨敗していたとしても、まずまず連対している傾向あり。数字だけで判断するのは危険。

矢野テックの2020年ラジオNIKKEI賞の予想印

僕の予想は以下のとおり。データ重視して1番人気だと思われるパラスアテナ軸。2番人気だと思われるグレイトオーサーは気性が難しそうなので連対候補。コンドゥクシオンは当日雨の場合の候補。

◎パラスアテナ
〇ルリアン
▲コンドゥクシオン
△グレイトオーサー
×ディープキング
迷い中
パンサラッサ

2020年ラジオNIKKEIの枠順と予想オッズ

前日からの大体の予想オッズ。パラスアテナとグレイトオーサー、サクラトゥジュールのオッズは直前で変わるかも。かなり接戦の予感。

1枠1番 バビット 13.9 (6人気)

2枠2番 ディープキング 15.4 (7人気)

3枠3番 アルサトワ 11.9 (5人気)

4枠4番 コンドゥクシオン

5枠5番 サクラトゥジュール 5.0 (3人気)

5枠6番 アールクインダム

6枠7番 ベレヌス

6枠8番 グレイトオーサー 4.7 (2人気)

7枠9番 パラスアテナ 4.5(1人気)

7枠10番 コスモインペリウム

8枠11番 パンサラッサ

8枠12番 ルリアン 6.1 (4人気)

2020年ラジオNIKKEI賞有力馬前走のレース動画分析

ラジオNIKKEIの有力馬の前走の動画まとめてみます。前走、平場でのレースの馬が多いので、データがない・・・。

パラスアテナ

牝馬。父ルーラーシップx母父スペシャルウィーク。

前走、カーネーションC1800m1着

矢野テック
矢野テック

最後3ハロンは33.3秒の脚。最後の直線をみてわかるように、大外からまくって、ムチ1発でスピードアップ!。最後は流してます。着差以上に強い勝ち方をしています。

グレイトオーサー

父ノヴェリストx母父サンデーサイレンス。

前走3歳1勝馬クラス2000m1着

逃げ切ったが、前半明らかに掛かり気味。それでも、最後の3ハロンは33.7秒の脚を使って勝った。これだけ掛かっていたのに、終いの脚も使えるのはすごい。

3歳1勝クラスなので、なんとも判断しようがないけど、2000m前残りで脚色が悪くならないのは大きい。連対候補。

サクラトゥジュール

父ネオユニヴァースx母父シンボリクリスエス。

前走3歳1勝クラス1600m1着

豪快に3馬身差で勝っています。重賞じゃなくて3歳1勝クラスなので、判断は難しいけど、この勝ち方はすごい。

ルリアン

父キズナ、母父フレンチデピュティ。馬主サンデーレーシング。血統が良い。牝系の近親にフサイチコンコルドなど重賞馬や勝ち馬ズラリ。メンバーも弱いので、この馬が強かったら、案外あっさり勝つかもしれん。

前走、3歳1勝馬クラス1着

4コーナーでムチをもったまま。追っただけで、スピードが加速して、1度もムチを入れないまま勝った。めちゃくちゃ強い勝ち方。心配なのは、鞍上の坂井瑠星のみ。

バビット

父ナカヤマフェスタx母父タイキシャトル。父ナカヤマフェスタって、血統面で言えば何枚も落ちるけど面白い。

前走、早苗賞1着

 

矢野テック
矢野テック

最後の直線フラフラですよ。斜行グセがあるのかもしれない。これで、上がり33.8秒は驚きでしかない。レース内容から馬券に入れるかは悩む。

 

ディープキング

父ディープインパクトx母父アカテナンゴ。購入価格8800万。このメンバーでは一番の高額馬。母父のアカテナンゴが問題。ドイツダービー馬らしい。先祖を辿ればハンプトン系だけど、欧州系の馬は日本の馬場には合わない。父の色が濃く出てくれればだけど、まだ3戦しかしていないので、どうでるかだね。

前走、3歳1勝クラス2着

相手が悪かった。パンサラッサが強すぎ。2着以降、めちゃ離しているので、あきらかに上位2頭だけ突出している。重賞クラスだと思う。

鞍上は岩田望から戸崎圭太へ。これは◎

パンサラッサ

父ロードカナロアx母父モンジュー。鞍上は三浦皇成。

前走、3歳1勝クラス1着

さきほどの、ディープキングの動画と同じ。強い。

ロードカナロア産駒っぽく、スピードがある。今回は逃げ馬が多いので、前走通りに前に付けれられるかってとこか。

有力馬の水曜日、木曜日追切情報

情報が挙がったら、追記します。

グレイトオーサー

5F67秒0-38秒4-12秒6、そんなに時計は出ていない。

【ラジオNIKKEI賞】グレイトオーサー軽快 無傷3連勝で重賞初Vへ/デイリースポーツ online
 「ラジオNIKKEI賞・G3」(5日、福島) 夏の福島開幕週を飾る重賞に、素質馬2頭を送り出す堀厩舎。デビューから無傷3連勝での重賞Vを狙うグレイトオーサーは1日、レーンを背に美浦Wでの単走追いで素軽い走りを披露。時計的にはやや控えめだったものの、フットワークの良さは目を引いた。また、サクラトゥジュールも同じく美浦W...

サクラトゥジュール

5F68秒3-39秒9-12秒6

【ラジオNIKKEI賞】サクラトゥジュール好感触 血の底力発揮だ/デイリースポーツ online
 「ラジオNIKKEI賞・G3」(5日、福島) 夏の福島開幕週を飾る重賞に、素質馬2頭を送り出す堀厩舎。デビューから無傷3連勝での重賞Vを狙うグレイトオーサーは1日、レーンを背に美浦Wでの単走追いで素軽い走りを披露。時計的にはやや控えめだったものの、フットワークの良さは目を引いた。また、サクラトゥジュールも同じく美浦W...

コンデュクシオン

5F69秒1-38秒8-13秒

【ラジオNIKKEI賞】コンドゥクシオン成長示す!道悪巧者、渋った馬場で好機も/デイリースポーツ online
 「ラジオNIKKEI賞・G3」(5日、福島) 思い出の地に戻ってきた。19年のラジオNIKKEI賞当日に、同じ福島でデビュー勝ちしたコンドゥクシオンが、1年後にそのレースに挑む。前走の青葉賞こそ大敗したものの、舞台適性は既に証明済み。重、不良馬場で2戦2勝の道悪巧者。梅雨の時季だけに、中舘師もタフな決戦に勝機を見いだ...

2020年ラジオNIKKEI賞の馬券買い目

1勝馬ばかりなので軸を決めるのはリスクあるかなと思ってます。

印付けた馬の5頭BOXかな。

うまいこと資金配分すれば、まあまあなオッズになりそう。

 

コメント